鴨川市でおすすめの葬儀社一覧

    • 東京
    • 埼玉
    • 千葉
    • 神奈川
    お葬式のひなた

    お葬式のひなた

    • 直葬

      総額13万円

    • 一日葬

      総額38万円

    • 家族葬

      総額49万円

    • 一般葬

      総額59万円

    提供サービス 無料相談 お見積り 資料請求 予約割引 安置施設 カード払い 区民・市民葬 自宅葬 無宗教葬 キリスト教葬
    所在地 東京都世田谷区砧2-4-3
    • 東京
    • 埼玉
    • 千葉
    • 神奈川
    葬儀社アーバンフューネス

    葬儀社アーバンフューネス

    • 一般葬

      総額69万円

    • 家族葬

      総額38万円

    • 火葬

      総額15万円

    • 1日葬

      総額31万円

    提供サービス 無料相談 お見積り 資料請求 予約割引 無宗教葬 キリスト教葬
    所在地 〒135-0061 東京都江東区豊洲5-4-9 KR豊洲ビル5F
    • 東京
    • 埼玉
    • 千葉
    • 神奈川
    世田谷セレモニー

    世田谷セレモニー

    • 一般葬

      総額90万円

    • 親族葬

      総額60万円

    • 家族葬

      総額45万円

    • 火葬

      総額18万円

    提供サービス 無料相談 お見積り 資料請求 予約割引 安置施設 自宅葬 無宗教葬 キリスト教葬
    所在地 〒156-0055 東京都世田谷区船橋6丁目16番8号

鴨川市の斎場【葬儀・家族葬をお考えの方へ】

鴨川市で葬儀・家族葬のできる斎場を探す

鴨川市の斎場・火葬場

千葉県・鴨川市の方が利用する代表的な斎場・火葬場としては、安房聖苑があげられます。

安房聖苑は、鴨川市、館山市、南房総市、鋸南町で構成する安房郡市広域市町村圏事務組合が管理する公営斎場(火葬場)です。南房総市山名345番地にあり、交通アクセスは内房線・九重駅から車で約10分となります。かつて鴨川市の周辺には館山火葬場、千倉火葬場がありましたが、平成24年10月に安房聖苑が供用開始した際に業務を終了しています。安房聖苑の施設概要は、火葬炉6基(予備スペース2基)、告別室3室、収骨室2室、待合室7室、僧侶等控室、喫煙室、授乳室等となっています。駐車場は比較的広く、乗用車78台、身障者用2台、大型バス2台、中型バス8台が駐車可能です。新しく解説された綺麗な火葬場ですが、こちらは火葬だけの施設のため通夜、告別式を行うための葬儀式場に関しては別に探す必要があります。

火葬料金は、鴨川市など組合に属する市町の住民は15,000円(12歳以上)となっています。それ以外の方は50,000円です。火葬中の待合室の利用についてはいずれも無料です。1室追加したい場合は斎場にご相談ください。鴨川市では「安房聖苑」の供用開始に合わせ、火葬場使用料の見直しを行っています。以前は13,000円(12歳以上)でしたが改定されていますのでご注意ください。

安房聖苑は緑に囲まれた地にあり、平屋建ての和風のデザインが目を引きます。施設内は機能性に優れるだけでなく、バリアフリー環境の導入に力を入れ、ご高齢の方、障がいを持つ方が安心して利用できるよう配慮しています。また、待合ロビー前には中庭が設けられ、利用する人の心を和ませています。

そのほか、鴨川市民が利用しやすい斎場・火葬場としては、長狭地区火葬場があります。こちらは鴨川市が運営する公営の火葬場です。所在地は鴨川市東町1850-17で、交通アクセスはJR・安房天津駅から車で約15分となっています。鴨川市の中心地からは約5kmという距離のため、市外にある安房聖苑より近いことになります。しかしながら、昭和59年に開設されたため施設は老朽化が進み、火葬炉の数も2基と多くありません。火葬料は安房聖苑を利用する場合と同額ですが、移動距離が問題なければ新しい斎場を利用することをお薦めします。

鴨川市内にあるその他斎場

安房聖苑以外で、鴨川市民が利用しやすい主な斎場・火葬場には以下のようなものがあります。

斎場名 住所 公営/民営の区分
鴨川第一法輪閣 鴨川市打墨848-1 民営斎場
鴨川第二法輪閣 鴨川市横渚791-1 民営斎場
天津小湊法輪閣 鴨川市天津2141-1 民営斎場

鴨川市とは

鴨川市は千葉県の南東部に位置しており、富津市、君津市、勝浦市、南房総市などと隣接しています。地理的には房総半島の南東部にあり、太平洋に面しています。鴨川市というと鴨川シーワールドが有名ですが、観光地としてとても人気があります。また、日本サーフィン発祥の地の1つであり、多くのプロサーファーを輩出しています。主な産業としては、観光業のほか漁業、農業があります。市内には鴨川漁港、太海漁港、浜波太漁港など多くの漁港があり、イワシ、アジ、サンマなどは全国有数の漁獲量を誇ります。農業は、内陸部の長狭地区で盛んで、米、花卉が主に生産されています。このあたりは明治期まで安房国と呼ばれていました。陸の孤島と言ってもいいほど首都とは離れた環境でしたが、昭和48年に鴨川バイパスが開通し、昭和55年に天津バイパスが開通してからは交通の便が良くなりました。市の人口の推移を見ると、昭和40年頃から長く減少し続けており、昭和45年に42,308人だった人口は平成27年時点で33,932人となっています。太平洋に面し、温暖な気候の鴨川市は海と山の幸に恵まれる暮らしやすい土地ですが、県南部の自治体が抱える共通の課題である少子高齢化に悩まされています。

厚生労働省が発表している「平成20年~平成24年人口動態保健所・市区町村別統計の概況」によると、鴨川市の総人口は35,358人。年間の死亡者総数は2,657人となっています。

現在の日本は火葬率ほぼ100% と言われており、この年間死亡者2,657人はほぼそのまま鴨川市で1年に行われる火葬の数と考えられます。1日あたりに換算すると、鴨川市では毎日7.3人の方の火葬が行われている計算になります。

鴨川市の死亡者数は千葉県のなかでは31番目で、1日あたり7.3人の方の火葬が行われているというのは多いと感じないかも知れません。しかしながら、冒頭で紹介した安房聖苑は、鴨川市を含む4つの市町の住民が利用する公営斎場(火葬場)です。火葬炉は6基ありますが、日程によっては予約が集中し、希望通りと行かないことがあるかも知れません。鴨川市には公営火葬場の長狭地区火葬場がありますが、火葬炉が2基しかないことから同様の懸念があります。こういった状況から、公営斎場を利用して費用を抑えながらもご希望通りの日程でご葬儀を行うためには、出来る限り早い段階で葬儀社の担当者へ相談することをお勧めいたします。

葬儀でよくあるトラブル

国民生活センターは、2015年12月に葬儀サービスに関するレポートを公表しました。

大切な葬儀で料金トラブル発生!-後悔しない葬儀にするために知っておきたいこと-

このレポートは、近年の「斎場で行う、小規模・廉価な葬儀」へのニーズの高まりを背景に頻発している消費者と葬儀社の間での料金トラブルについて、トラブルの発生理由と、トラブル発生を未然に防ぐための対策について、消費者への周知・注意喚起を目的に公表されました。

レポートによると、葬儀を巡った料金トラブルが発生しやすくなる要因として、下記の3点を上げています。

  • 消費者は短時間で様々な判断をしなければならない
  • 葬儀社と十分な話し合いができないこともある
  • 追加サービスにより請求金額が高額になることがある

葬儀は、親しい方を失ない悲しみに暮れる最中に行われるもの。葬儀の準備はご遺族にとって、どうしても冷静な対応を取りづらいタイミングに行うことになります。非常事態とも言えるような状況の中、故人を悼み、しっかりした葬儀を行いたいと考えるご遺族ほど、請求項目が煩雑になりがちで料金トラブルにも巻き込まれやすいというのは、極めて皮肉な現実です。

葬儀をめぐった料金トラブルは、地域を問わず起こり得ることです。鴨川市にお住まいの方もまた例外ではありません。

鴨川市で葬儀・火葬を行うなら、信頼できる葬儀社に相談を

葬儀を依頼する際は、十分に信頼できる葬儀社を選ぶことが重要です。

当サイトでは、鴨川市に数ある中でも、故人の意思・ご遺族の皆さまの想いを大事にする、信頼できる葬儀社を厳選して紹介しています。

葬儀についてもし気になることがありましたら、まずはお電話でご相談ください。葬儀の手順や進め方、サービスの項目や料金など、各葬儀社の担当が、どんなことでも誠意を持って対応いたします。

ページの
先頭へ