臨海斎場

  • 駅近
  • 駐車場
  • 火葬場
  • 安置施設
  • 宿泊付き
  • 添い安置
  • バリアフリー
  • 公営斎場
  • 音楽葬
臨海斎場
斎場名臨海斎場運営公営斎場
対応会葬者数150
対応プラン家族葬 一般葬 
宗教・宗派仏教 神道 キリスト教 創価学会 日蓮正宗 無宗教
利用地域品川区,港区,世田谷区,目黒区,大田区

ご予算・参列数から
葬儀プランを選ぶ

  • 家族葬

    家族葬
    450,000円~

    通夜などの通常通りのご葬儀を、故人のご家族、ご親類、深いご縁のある方々のみでゆっくりと「お別れの時間」を過ごしていただけます。

    参列者~30名日数2日
    流れ
  • 一般葬

    一般葬
    600,000円~

    ご遺族やご親族を始め、ご友人や仕事関係者などの会葬者、故人さまの生前にお世話になった皆様に、感謝のお気持ちと最後のお別れをするご葬儀です。

    参列者~100名日数2日
    流れ

※こちらのご葬儀プランは世田谷セレモニーのご葬儀プランになります。

臨海斎場
アクセスマップ

〒143-0001 東京都大田区東海1丁目3
住所〒143-0001 東京都大田区東海1丁目3
アクセス方法東京モノレール「流通センター」駅下車 徒歩約10分

JR大森駅から京急バス(東口)
のりば9 大田スタジアム行(下記時刻表参照)
終点「大田スタジアム」下車 徒歩約1分

のりば4 昭和島循環
のりば5 京浜島循環・流通センター循環
のりば7 大田市場行・城南島循環
のりば9 平和島循環
「流通センター前」下車 徒歩約10分

京急平和島駅から 京急バス
のりば  第一京浜側バス停:昭和島循環・京浜島循環・流通センター循環
環状七号線側バス停:大田市場行、城南島循環 「流通センター前」下車 徒歩約10分

臨海斎場での葬儀・家族葬を行う前に

臨海斎場の特徴

使い勝手の良い、東京23区内で唯一の公営斎場

臨海斎場は東京都大田区にある公営斎場です。
式場と火葬場を併設しており、通夜・告別式から火葬までを1ヶ所ですべて行うことができる利便性の高さが人気の総合葬儀斎場です。

東京23区内で唯一の公営斎場であり、民営斎場に比べると安価で利用できる点が臨海斎場の最大のメリットです。港区、品川区、目黒区、世田谷区、大田区が共同で設置・運営している斎場で、主にこの5区にお住まいの方に多く利用されています。5区以外にお住まいの方も利用することができますが、5区の方とは料金が異なり区外料金になります。

最寄り駅より徒歩圏内。家族葬から大規模葬まで経済的な葬儀が可能

流通センター駅から徒歩10分の徒歩圏内にあり、喪家だけでなく参列者にとっても利用しやすい斎場です。平成15年に新築した施設内は清潔で設備が整っており、少人数の家族葬はもちろん、100名以上の会葬者が参加する大規模な葬儀まで幅広く利用されています。費用を抑えた経済的なお葬式を行いたい方にもおすすめです。

式場の収容人数は1室につき70名程度で、同規模の式場が4室あります。式場、会葬者控室ともに、間仕切りを外し2室をつなげて1室として使用することが可能で、会葬者140~150名程度の葬儀まで対応することができます。

臨海斎場の安置施設(霊安室)

大型の棺も保棺できる保冷庫完備の霊安室を用意

臨海斎場には霊安室が用意されています。自宅に戻れない場合、病院などからご遺体を直接搬送して、霊安室内の保冷庫で保棺することができます。保冷庫は20柩まで預かりが可能で、内4柩まで大型に対応しています。
なお、ご遺体を棺に納めた状態での搬送が原則となりますが、事前に連絡があり棺とご遺体が同時に到着した場合に限り、霊安室での納棺が可能です。

安置中の面会は10人程度まで可能。面会時間の指定には注意を

葬儀・火葬を行うまでの間、ご親族の面会が可能です。1度に10人程度まで面会することができますが、面会時間は午前8時30分~午後12時に限られています。なお、面会の際には事前に予約が必要です。

臨海斎場で対応できる葬儀形式

宗教・宗派問わず様々な形式の葬儀に対応。音楽葬は条件付きで可能な場合も

臨海斎場は、仏教・神道・キリスト教および無宗教形式を含め、すべての宗教・宗派の葬儀に利用できます。
式場内にはマイク等の放送設備を完備しており、司会のご挨拶等にお使いいただけますが、読経や讃美歌等に使用することは禁止されています。映像設備など斎場にない設備を使用する場合は、前日までに斎場担当者と打ち合わせをしたうえで、承認を得てからご使用ください。
また、楽器類の使用は原則として禁止されていますが、キリスト教の葬儀等でオルガンなどの楽器を使用する場合は、周囲に迷惑がかからない程度の音量で使用が認められる場合もあります。

臨海斎場への宿泊

通夜当日の仮泊は可能。ただし5名程度と人数に制限あり

臨海斎場では、通夜当日のみ喪家・親族の控室に仮泊することができます。10畳と4畳の和室に5名程度仮眠することが可能で、ユニットバス・テレビ・冷蔵庫などの設備が整っており、売店で貸布団のお取次ぎができます。近隣にホテル等が少ないため、遠方からお越しのご親族の方などが利用されるようです。
ただし、午後9時から午前7時まで火気の使用は禁止されており、夜間に式場に行きお線香をあげることはできません。

臨海斎場での火葬

式場に併設の火葬炉あり。火葬場へ徒歩での移動が可能

臨海斎場には火葬炉が10基用意されており、うち2基は大型の炉になっています。火葬時間は1時間半程度で、着棺からお帰りまではおおよそ2時間程度かかります。
通夜・告別式・火葬を同じ施設内で行えることが臨海斎場の大きな魅力のひとつで、移動のための霊柩車やマイクロバス等を必要としない分、ご親族・ご参列者の手間と費用の負担が軽減されます。
なお、柩台車での移動中や火葬施設内をカメラ・ビデオ等で撮影することは、他の喪家への配慮として禁止されています。

臨海斎場の立地・アクセス

最寄りの駅・バス停から徒歩圏内。公共交通機関の利用が便利

電車・バスでのアクセスが良い斎場なので、公共交通機関の利用がおすすめです。自動車を利用する場合は駐車場に停められる台数に限りがあるため、参会者乗り合わせでハイヤーやマイクロバスを利用すると良いでしょう。

公共交通機関でのアクセス

臨海斎場の最寄り駅は、以下の3つです。

  • 東京モノレール「流通センター」駅下車 徒歩約10分
  • JR京浜東北線「大森駅」から京急バスを利用「大田スタジアム」下車徒歩1分
  • 京浜急行線「平和島駅」から京急バスを利用「流通センター前」下車徒歩10分

流通センター駅から徒歩圏内にある、非常にアクセスのよい斎場です。
また、電車とバス路線を利用する場合、京急バスを利用して向かう方法があります。

  • 京急バス 森34:大森駅~大田スタジアム 「大森駅」乗車、「大田スタジアム」下車徒歩1分
  • 京急バス 森43:大森駅~大田市場事務棟 「平和島駅」乗車、「流通センター前」下車徒歩10分

大森駅始発の大田スタジアム行きバスは途中、大森海岸駅にも停車します。

自動車でのアクセス

臨海斎場へ自動車で向かう場合、環七通り・首都高湾岸線・首都高1号羽田線から向かいます。

  • 環七通り 平和島方面から向かう場合:首都高1号羽田線との立体交差を通過後、信号1つ目「流通センター駅前」を左折。約200m直進後、信号1つ目「トラックターミナル」を右折。約600m直進後、信号1つ目「臨海斎場前」を右折。
  • 首都高湾岸線 お台場方面から向かう場合:大井南出口を降り、約2キロ直進後、「環七大井ふ頭」信号を右折し反対車線へUターン。約300m直進、1つ目の角を左折。
  • 首都高湾岸線 羽田空港方面から向かう場合:大井南出口を降り、約450m直進後、1つ目の信号を左折。約350m直進、2つ目の信号「中央海浜公園前」を左折。約1キロ直進。信号2つ目をこえた左側
  • 首都高1号羽田線 横浜方面から向かう場合:平和島出口を降り、立体交差を環七通り、大井ふ頭方面へ。流通センター駅前信号を左折。約200m直進後、信号1つ目「トラックターミナル」を右折。約600m直進後、信号1つ目「臨海斎場前」を右折。
  • 首都高1号羽田線 浜崎橋JCT方面から向かう場合:平和島出口を降りてすぐ、平和島陸橋下を左折。約1キロ直進。「臨海斎場前」信号を右折。

駐車場

東京都内としては広めの駐車場を完備しており、式場を利用の際は1式場あたり50台程度の駐車が可能です。特に割り当てられたスペースはないので、空いている場所に車を停めることになります。
また、火葬場を利用の際は、1喪家あたりマイクロバス1台、乗用車5台程度まで停めることが可能です。駐車場内が混み合っている場合は駐車できないこともあるので、早めの到着を心がけると良いでしょう。

臨海斎場での葬儀の依頼・相談はこちら
ページの
先頭へ