旭市でおすすめの葬儀社一覧

    • 東京
    • 埼玉
    • 千葉
    • 神奈川
    お葬式のひなた

    お葬式のひなた

    • 直葬

      総額13万円

    • 一日葬

      総額38万円

    • 家族葬

      総額49万円

    • 一般葬

      総額59万円

    提供サービス 無料相談 お見積り 資料請求 予約割引 安置施設 カード払い 区民・市民葬 自宅葬 無宗教葬 キリスト教葬
    所在地 東京都世田谷区砧2-4-3
    • 東京
    • 埼玉
    • 千葉
    • 神奈川
    葬儀社アーバンフューネス

    葬儀社アーバンフューネス

    • 一般葬

      総額69万円

    • 家族葬

      総額38万円

    • 火葬

      総額15万円

    • 1日葬

      総額31万円

    提供サービス 無料相談 お見積り 資料請求 予約割引 無宗教葬 キリスト教葬
    所在地 〒135-0061 東京都江東区豊洲5-4-9 KR豊洲ビル5F
    • 東京
    • 埼玉
    • 千葉
    • 神奈川
    世田谷セレモニー

    世田谷セレモニー

    • 一般葬

      総額90万円

    • 親族葬

      総額60万円

    • 家族葬

      総額45万円

    • 火葬

      総額18万円

    提供サービス 無料相談 お見積り 資料請求 予約割引 安置施設 自宅葬 無宗教葬 キリスト教葬
    所在地 〒156-0055 東京都世田谷区船橋6丁目16番8号

旭市の斎場【葬儀・家族葬をお考えの方へ】

旭市で葬儀・家族葬のできる斎場を探す

旭市の斎場・火葬場

千葉県・旭市の代表的な斎場・火葬場としては、みたま苑 旭があげられます。

みたま苑 旭は、旭市が運営する公営斎場(火葬場)です。所在地は旭市二5935-10で、交通アクセスは、JR・干潟駅から徒歩約20分となります。駐車場が30台分ありますので、お車でのアクセスが便利です。施設の規模は火葬炉2基となっています。火葬場のため、お通夜、告別式を行うための式場は備えられていません。但し、旭斎場セレモニーホール、東総会館旭ホールが隣接しているため、いずれかと併用する方が多いようです。

火葬料金は、旭市の住民に関しては7,000円(13歳以上)です。市外住民の場合は50,000円になります。但し、火葬中の控室に関しては市内市外ともに無料で使用できます。みたま苑 旭の施設規模はあまり大きくありません。火葬のためだけの施設とお考えください。

みたま苑 旭・旭斎場セレモニーホール・東総会館旭ホールは、いずれも旭市の市街地のなかにありますが、植栽で囲まれており、プライバシー保護を重視しています。最寄駅からは少し距離がありますが、いずれも広い駐車場があるためお車で行きやすい斎場です。また、近くには日用品、食品を販売するホームセンターなどがあるため、忙しいときに便利に役立ちます。

そのほか、旭市民が利用しやすい斎場・火葬場としては、匝瑳市が運営する山桑メモリアルホールがあります。所在地は匝瑳市山桑730番地で、交通アクセスはJR・八日市場駅から車で約10分となります。設備としては、火葬炉4基のほか式場(120席)があるため、通夜から葬儀まで一貫して行うことができます。旭市民が火葬場を利用する場合、火葬料は50,000円(13歳以上)になります。式場は、通夜140,000円・告別式140,000円となっており、夜間使用は20,000円かかります。いずれも匝瑳市民より割高な料金設定となっています。

旭市内にあるその他斎場

みたま苑 旭・旭斎場セレモニーホール・東総会館旭ホール以外で、旭市民が利用しやすい主な斎場・火葬場には以下のようなものがあります。

斎場名 住所 公営/民営の区分
旭斎場アサヒセレモニー 旭市ニ5897-1 民営斎場
旭福祉セレモニーホール 旭市足川1780-1 民営斎場
ひがたメモリア 旭市鎌数9577-2 民営斎場
名内斎場 旭市三川11585 民営斎場

旭市とは

旭市は千葉県の北東部に位置しています。隣接する自治体は、銚子市、匝瑳市、香取市などです。地理的には九十九里浜の最北端に面しています。気候的には年間平均気温が15℃前後という温暖な地で、比較的夏は涼しく冬は暖かい暮らしやすい環境です。太平洋に面する旭市には、九十九里浜、屏風ヶ浦、刑部岬などの景勝地があり、一年を通じて風光明媚な光景を見ることができます。古くから農業、漁業が盛んで、農畜産物の産出量は千葉県で第1位となっています。旭市の歴史を紐解くと、古代には椿海と呼ばれる湖が広がっており、江戸時代に干拓され干潟となりました。幕末になると、農村指導の先駆者である大原幽学や国学者の宮負定賢・宮負定雄が農業改良に尽力し、明治政府の「畑作奨励策」のもと、鎌数村の金谷総蔵が落花生栽培を普及させたことで、豊かな土地へと発展して行きました。畜産では養豚が盛んです。漁業においてはカタクチイワシの水揚げ量が全国第2位となっており、特産品には丸干しイワシがあります。市の人口は平成27年国勢調査時で66,586人となっていますが、減少率が年々高くなり、それに伴い高齢化も進行しています。

厚生労働省が発表している「平成20年~平成24年人口動態保健所・市区町村別統計の概況」によると、旭市の総人口は68,037人。年間の死亡者総数は4,015人となっています。

現在の日本は火葬率ほぼ100% と言われており、この年間死亡者4,015人はほぼそのまま旭市で1年に行われる火葬の数と考えられます。1日あたりに換算すると、旭市では毎日11人の方の火葬が行われている計算になります。

旭市の死亡者数は千葉県のなかでは20番目で、1日あたり11人の方の火葬が行われているというのは少ない数ではありません。しかしながら、「みたま苑 旭」の火葬炉は2基という少ない数です。近くには総合斎場の山桑メモリアルホールがありますが、他市が運営しているため火葬料、式場ともに割高になります。こういった環境から、費用負担を抑えつつもご都合の良い日程で納得できるご葬儀を行うためには、出来る限り早い段階で葬儀社の担当者へ相談することをお勧めいたします。

葬儀でよくあるトラブル

国民生活センターは、2015年12月に葬儀サービスに関するレポートを公表しました。

大切な葬儀で料金トラブル発生!-後悔しない葬儀にするために知っておきたいこと-

このレポートは、近年の「斎場で行う、小規模・廉価な葬儀」へのニーズの高まりを背景に頻発している消費者と葬儀社の間での料金トラブルについて、トラブルの発生理由と、トラブル発生を未然に防ぐための対策について、消費者への周知・注意喚起を目的に公表されました。

レポートによると、葬儀を巡った料金トラブルが発生しやすくなる要因として、下記の3点を上げています。

  • 消費者は短時間で様々な判断をしなければならない
  • 葬儀社と十分な話し合いができないこともある
  • 追加サービスにより請求金額が高額になることがある

葬儀は、親しい方を失ない悲しみに暮れる最中に行われるもの。葬儀の準備はご遺族にとって、どうしても冷静な対応を取りづらいタイミングに行うことになります。非常事態とも言えるような状況の中、故人を悼み、しっかりした葬儀を行いたいと考えるご遺族ほど、請求項目が煩雑になりがちで料金トラブルにも巻き込まれやすいというのは、極めて皮肉な現実です。

葬儀をめぐった料金トラブルは、地域を問わず起こり得ることです。旭市にお住まいの方もまた例外ではありません。

旭市で葬儀・火葬を行うなら、信頼できる葬儀社に相談を

葬儀を依頼する際は、十分に信頼できる葬儀社を選ぶことが重要です。

当サイトでは、旭市に数ある中でも、故人の意思・ご遺族の皆さまの想いを大事にする、信頼できる葬儀社を厳選して紹介しています。

葬儀についてもし気になることがありましたら、まずはお電話でご相談ください。葬儀の手順や進め方、サービスの項目や料金など、各葬儀社の担当が、どんなことでも誠意を持って対応いたします。

ページの
先頭へ