目黒区でおすすめの葬儀社一覧

    • 東京
    • 埼玉
    • 千葉
    • 神奈川
    お葬式のひなた

    お葬式のひなた

    • 直葬

      総額13万円

    • 一日葬

      総額38万円

    • 家族葬

      総額49万円

    • 一般葬

      総額59万円

    提供サービス 無料相談 お見積り 資料請求 予約割引 安置施設 カード払い 区民・市民葬 自宅葬 無宗教葬 キリスト教葬
    所在地 東京都世田谷区砧2-4-3
    • 東京
    • 埼玉
    • 千葉
    • 神奈川
    葬儀社アーバンフューネス

    葬儀社アーバンフューネス

    • 一般葬

      総額69万円

    • 家族葬

      総額38万円

    • 火葬

      総額15万円

    • 1日葬

      総額31万円

    提供サービス 無料相談 お見積り 資料請求 予約割引 無宗教葬 キリスト教葬
    所在地 〒135-0061 東京都江東区豊洲5-4-9 KR豊洲ビル5F
    • 東京
    • 埼玉
    • 千葉
    • 神奈川
    世田谷セレモニー

    世田谷セレモニー

    • 一般葬

      総額90万円

    • 親族葬

      総額60万円

    • 家族葬

      総額45万円

    • 火葬

      総額18万円

    提供サービス 無料相談 お見積り 資料請求 予約割引 安置施設 自宅葬 無宗教葬 キリスト教葬
    所在地 〒156-0055 東京都世田谷区船橋6丁目16番8号

目黒区の斎場【葬儀・家族葬をお考えの方へ】

目黒区で葬儀・家族葬のできる斎場を探す

目黒区の斎場・火葬場

東京都・目黒区の代表的な斎場・火葬場としては、代々幡斎場があげられます。

代々幡斎場は、都内で6か所の斎場を運営している東京博善の斎場です。交通アクセスは、京王新線幡ヶ谷駅南口から徒歩6分です。平成8年に竣工した建物は格調高いデザインで、敷地内には多くの桜が植えられているため、春には桜吹雪が美しく舞います。館内は大理石調の豪華な空間ですが、機能的にも使いやすい施設です。火葬場と斎場が揃う総合斎場のため、お通夜から葬儀まで一貫して行えることも大きなメリットになります。火葬炉は10基あり、特別賓館、特別室、最上の3等級に分かれています。そのほか、休憩室12室、式場6室、控室6室が併設されています。

火葬料は等級ごとに異なり、最上級の特別賓館は177,000円(大人)ですが、最上等は59,000円(大人)です。目黒区民も区民葬の制度を利用することができるため、目黒区役所にて届け出を行い、条件に合う方は助成を受けることができます。詳しくは区役所にお問合せ下さい。葬儀式場の利用料は、竹108,000円、雪243,540円とお部屋ごとに金額が異なります。式場の利用は基本的に16:30~翌15:00までですが、設営は15時から可能です。

代々幡斎場がある地域は江戸時代から寺院が合同で火屋(火葬場)を運営していた歴史のある場所です。山の手の閑静な土地にある代々幡斎場では、これまで多くの著名人の葬儀が行われて来ました。また、社葬等の大規模な葬儀にも対応できるよう、式場のうちの2室の仕切り壁を移動させて大型式場にすることができます。

そのほか、目黒区に近い斎場・火葬場としては、「桐ケ谷斎場」があります。代々幡斎場と同じく東京博善が運営する民営斎場です。交通アクセスは、東急目黒線不動前駅から徒歩7分となっているため、目黒区内でもお住いの場所によってはこちらの方が近いでしょう。火葬炉は12基あり、火葬料等は基本的に代々幡斎場と同額ですが、式場はお部屋の種類が異なるため大きな違いがあります。桐ケ谷斎場には系列斎場のなかでは最上級の雲の間があり、利用料は972,000円となっています。雪の間243,540円もあるため、ご葬儀の規模によって選ぶことができます。

目黒区内にあるその他斎場

代々幡斎場以外で、目黒区民が利用しやすい主な斎場・火葬場には以下のようなものがあります。

碑文谷会館 目黒区碑文谷4-21-10 民営斎場
セレモニー目黒 目黒区八雲1-1-9 公営斎場
成照院会館 目黒区平町1-4-16 民営斎場
羅漢会館 目黒区下目黒3-19-1 民営斎場
円融寺 示真殿 目黒区碑文谷1-22-22 民営斎場
大圓寺 仏心閣 寂光殿 目黒区下目黒1-8-5 民営斎場
大教寺 真如堂 目黒区青葉台4-7-7 民営斎場
大聖院 瑞峯殿 目黒区下目黒3-1-3 民営斎場
聖徳寺会館 目黒区駒場1-34-2 民営斎場

目黒区とは

目黒区は23区の西部に区分される特別区の一つです。大田区、世田谷区、渋谷区などと隣接し、住宅地として発展しています。その歴史を見ると、旧石器時代から古墳時代の遺跡が重層的に発見され、縄文時代の遺跡も多く発見されています。9世紀頃には、大鳥神社、目黒不動、法眼寺が建てられていますが、江戸時代は孟宗竹の産地だったことからわかるように緑深い土地でした。近代史を見ると、1907年に現在の下目黒4-6丁目に目黒競馬場が開設され、1932年には近代競馬の基幹競走となる東京優駿(日本ダービー)の第1回が開催されています。1927年に東急東横線が開通してからは急速に宅地開発が進みました。現在、東急だけでも東横線、大井町線、目黒線の3路線が通っており、中目黒、自由が丘など住みたい街ランキングで常に上位に位置する人気の街が多数あります。都心からのアクセスも良く、暮らしやすい環境であるため、区内には多くの著名人が居住しています。ちなみに、1977年に最初の国民栄誉賞を受賞した王貞治氏は、目黒区の名誉区民です。

厚生労働省が発表している「平成20年~平成24年人口動態保健所・市区町村別統計の概況」によると、目黒区の総人口は262,326人。年間の死亡者総数は9,273人となっています。

現在の日本は火葬率ほぼ100% と言われており、この年間死亡者9,273人はほぼそのまま目黒区で1年に行われる火葬の数と考えられます。1日あたりに換算すると、目黒区では毎日25.4人の方の火葬が行われている計算になります。

目黒区の死亡者数は東京都内で20番目となる数ですが、1日あたり25.4人の方の火葬が行われているというのは多い数と言えるでしょう。冒頭で紹介した代々幡斎場は、目黒区民以外も利用する民営斎場です。そのため、予約が集中した際には、不本意ながら火葬待ちという状態となる可能性があります。系列の桐ケ谷斎場も近くにありますが、お住いから近く、会葬者が訪れやすい場所で葬儀を行うためにも、出来る限り早い段階で葬儀社の担当者へ相談することをお勧めいたします。

葬儀でよくあるトラブル

国民生活センターは、2015年12月に葬儀サービスに関するレポートを公表しました。

大切な葬儀で料金トラブル発生!-後悔しない葬儀にするために知っておきたいこと-

このレポートは、近年の「斎場で行う、小規模・廉価な葬儀」へのニーズの高まりを背景に頻発している消費者と葬儀社の間での料金トラブルについて、トラブルの発生理由と、トラブル発生を未然に防ぐための対策について、消費者への周知・注意喚起を目的に公表されました。

レポートによると、葬儀を巡った料金トラブルが発生しやすくなる要因として、下記の3点を上げています。

  • 消費者は短時間で様々な判断をしなければならない
  • 葬儀社と十分な話し合いができないこともある
  • 追加サービスにより請求金額が高額になることがある

葬儀は、親しい方を失ない悲しみに暮れる最中に行われるもの。葬儀の準備はご遺族にとって、どうしても冷静な対応を取りづらいタイミングに行うことになります。非常事態とも言えるような状況の中、故人を悼み、しっかりした葬儀を行いたいと考えるご遺族ほど、請求項目が煩雑になりがちで料金トラブルにも巻き込まれやすいというのは、極めて皮肉な現実です。

葬儀をめぐった料金トラブルは、地域を問わず起こり得ることです。目黒区にお住まいの方もまた例外ではありません。

目黒区で葬儀・火葬を行うなら、信頼できる葬儀社に相談を

葬儀を依頼する際は、十分に信頼できる葬儀社を選ぶことが重要です。

当サイトでは、目黒区に数ある中でも、故人の意思・ご遺族の皆さまの想いを大事にする、信頼できる葬儀社を厳選して紹介しています。

葬儀についてもし気になることがありましたら、まずはお電話でご相談ください。葬儀の手順や進め方、サービスの項目や料金など、各葬儀社の担当が、どんなことでも誠意を持って対応いたします。

ページの
先頭へ