荒川区で葬儀・家族葬のできる斎場を探す

荒川区の斎場・火葬場

東京都・荒川区の代表的な斎場・火葬場としては、町屋斎場があげられます。

町屋斎場は、都内で6か所の斎場を有する東京博善が運営する民営斎場です。荒川区町屋1丁目にあり、交通アクセスは、京成上野線・東京メトロ千代田線の町屋駅から徒歩5分となります。建物外観は重厚な造りで、館内は瀟洒なデザインで、ロビーは天井が高くホテルのような空間となっています。火葬場と斎場が揃っているため、お通夜から葬儀まで一貫して行える総合斎場です。火葬炉は12基あり、休憩室15室、式場10室、控室10室が併設されています。12基の火葬炉は、特別賓館、特別室、最上等の3等級に分かれいます。

町屋斎場の火葬料は、最上等は59,000円(大人)、特別室は107,500円、特別賓館は177,000円(大人)となっています。火葬時に特別殯館を利用した場合、出棺用霊柩車の利用料は無料になります。式場の利用料は、雲972,000円、鶴432,000円、雪243,540円、桜216,000円、竹108,000円となります。いずれも椅子で40席の広さですが、設備面などに違いがあります。式場の利用は準備時間を除いて16:30~翌15:00までです。休憩室の利用料もお部屋ごとに異なり、鶴の間が56,700円、雪の間が28,080円、星の間が23,220円となっています。

町屋斎場は、火葬場と斎場が同じ施設内にあることが大きな魅力です。また、葬儀式場は会葬者の人数に合わせて間仕切りを取り除いて使用することができるため、大規模な葬儀にも対応可能です。さらに、お通夜の晩には控室で仮眠をとることができるので、ご家族の負担を軽減できます。お布団は売店でレンタルの取次ぎを行うなど、利用者へのサービスを充実させています。

そのほか、荒川区に近い斎場・火葬場としては、同じく東京博善が運営する「四ツ木斎場」、聖典株式会社が運営する「谷塚斎場」などがあります。四ツ木斎場の利用条件は町屋斎場とほぼ同じなため、谷塚斎場についてご紹介しますと、交通アクセスは、東武伊勢崎線・東武スカイツリーラインの谷塚駅から徒歩10分です。荒川区の中心エリアからは約8.5㎞となります。施設は、火葬棟、休憩棟、式場、お別れの間に分かれています。火葬料金は、特別殯館が177,000円、特別室107,000円、最上等59,000円となっています。いずれも大人の料金です。町屋斎場、四ツ木斎場も利用対象となっていますが、谷塚斎場に関しても荒川区の区民葬儀制度を利用し、より安価に斎場を利用することができます。

荒川区内にあるその他斎場

町屋斎場以外で、荒川区民が利用しやすい主な斎場・火葬場には以下のようなものがあります。

斎場名 住所 公営/民営の区分
全国宮地ホール 荒川区荒川5-2-2 民営斎場
明治座町屋ホール 荒川区町屋1-27-1 民営斎場
慈眼寺 荒川区町屋2-20-12 民営斎場
寶蔵院 蓮華会館 荒川区西尾久3-16-19 民営斎場
円通寺 荒川区南千住1-59-11 民営斎場
法輪山 浄光寺斎場 荒川区西日暮里3-4-3 民営斎場
千代田セレモニー メモリアルセレス千代田21 荒川区西日暮里6-55-1 民営斎場
福祉葬祭 メモリアルタワー東京 荒川区荒川1-40-1 民営斎場

荒川区とは

荒川区は東京都の東部に位置する特別区の一つです。区名の由来は、現在の隅田川が荒川本流であったころの河川名「荒川」からとられています。その歴史を見ると、江戸時代は農村地帯だった土地ですが、明治時代になると荒川の水資源を利用するために多数の工場が建設されました。工業化が進んだことで人口が増加し、1932年10月1日に荒川区が誕生してから1945年頃まで、東京市内で最も人口が多い区でした。当時の人口は28〜32万人と伝えられています。現在は、工場の跡地を活用する大規模な再開発、公園整備などが行われており、高層マンションの建設によって若い世帯の転入も増えてきています。しかしながら、下町風情のある街並みも多く残っており、レトロ感のある路面電車も運行しています。
もんじゃ焼き屋さん、駄菓子屋さんなど、古き良き昭和を感じさせるお店も多数見受けられます。荒川区出身の著名人は、北島康介(西日暮里)、伊集院光(西尾久)、片岡鶴太郎などです。

厚生労働省が発表している「平成20年~平成24年人口動態保健所・市区町村別統計の概況」によると、荒川区の総人口は191,498人。年間の死亡者総数は9,710人となっています。

現在の日本は火葬率ほぼ100% と言われており、この年間死亡者9,710人はほぼそのまま荒川区で1年に行われる火葬の数と考えられます。1日あたりに換算すると、荒川区では毎日26.6人の方の火葬が行われている計算になります。

荒川区の死亡者数は東京都内で18番目となる数で、1日あたり26.6人の方の火葬が行われているというのはとても多いと言えるでしょう。冒頭で紹介した町屋斎場は、荒川区民のほか、台東区民、足立区民など多くの方々が利用しています。火葬炉12基と設備はとても充実していますが、予約が集中した際には不本意ながら火葬待ちという状態になるかも知れません。近くには谷塚斎場等いくつか斎場がありますが、お住いから近く、便利な場所で葬儀を行うためには、出来る限り早い段階で葬儀社の担当者へ相談することをお勧めいたします。

葬儀でよくあるトラブル

国民生活センターは、2015年12月に葬儀サービスに関するレポートを公表しました。

大切な葬儀で料金トラブル発生!-後悔しない葬儀にするために知っておきたいこと-

このレポートは、近年の「斎場で行う、小規模・廉価な葬儀」へのニーズの高まりを背景に頻発している消費者と葬儀社の間での料金トラブルについて、トラブルの発生理由と、トラブル発生を未然に防ぐための対策について、消費者への周知・注意喚起を目的に公表されました。

レポートによると、葬儀を巡った料金トラブルが発生しやすくなる要因として、下記の3点を上げています。

  • 消費者は短時間で様々な判断をしなければならない
  • 葬儀社と十分な話し合いができないこともある
  • 追加サービスにより請求金額が高額になることがある

葬儀は、親しい方を失ない悲しみに暮れる最中に行われるもの。葬儀の準備はご遺族にとって、どうしても冷静な対応を取りづらいタイミングに行うことになります。非常事態とも言えるような状況の中、故人を悼み、しっかりした葬儀を行いたいと考えるご遺族ほど、請求項目が煩雑になりがちで料金トラブルにも巻き込まれやすいというのは、極めて皮肉な現実です。

葬儀をめぐった料金トラブルは、地域を問わず起こり得ることです。荒川区にお住まいの方もまた例外ではありません。

荒川区で葬儀・火葬を行うなら、信頼できる葬儀社に相談を

葬儀を依頼する際は、十分に信頼できる葬儀社を選ぶことが重要です。

当サイトでは、荒川区に数ある中でも、故人の意思・ご遺族の皆さまの想いを大事にする、信頼できる葬儀社を厳選して紹介しています。

葬儀についてもし気になることがありましたら、まずはお電話でご相談ください。葬儀の手順や進め方、サービスの項目や料金など、各葬儀社の担当が、どんなことでも誠意を持って対応いたします。

ページの
先頭へ