調布市の斎場【葬儀・家族葬をお考えの方へ】

  • 1

調布市で葬儀・家族葬のできる斎場を探す

調布市の斎場・火葬場

東京都・調布市の代表的な斎場・火葬場としては、日華斎場・多磨葬祭場があげられます。

日華斎場・多磨葬祭場は、民営の斎場ですが、火葬場と葬儀式場を併設する総合斎場のため、多くの調布市民が利用しています。府中市多磨町2丁目1番地1にあり、交通アクセスは京王線・東府中駅、JR中央線・武蔵小金井駅からバス利用、もしくは西武多摩川線・多磨駅から徒歩10分です。周辺には武蔵野の豊かな緑が溢れ、閑静な環境に立地しています。外観はシンプルなデザインですが、施設内は高級ホテルのような豪華なつくりで、家族葬から大規模な社葬まで対応できる設備を整えています。施設の概要を見ると、多磨葬祭場(火葬棟)には火葬炉が14基あり、休憩室18室が併設されています。日華斎場(式場)には思親殿(大斎場)と行華殿(小斎場2室)という大小3つの葬儀式場があります。

火葬炉は、特別殯館、特別室、最上等の3等級に分かれています。特別殯館は完全個室です。料金は、特別殯館165,000円(大人)、特別室105,000円(大人)、最上等59,000円(大人)となっています。休憩室もいくつかの等級に分かれており、料金は9,290円~25,700円とそれぞれ異なります。収容人数は14人~80人です。式場の料金は、思親殿・2階お清め室の利用で、410,400円、行華殿(松)・2階お清め室の利用で248,400円、行華殿(竹)・2階お清め室の利用で248,400円となっています。

日華斎場・多磨葬祭場は、昭和6年に開設された歴史ある斎場です。開設以来、地域に根差した総合斎場として信頼を得ています。民営斎場のため宗派を問わず利用可能です。また、長い年月で培ったノウハウによってスタッフ一人ひとりからきめ細やかな心配りが感じられ、設備の充実度だけでなく、様々な面で満足度の高い斎場です。

そのほか、調布市民が利用しやすい斎場としては「かわさき北部斎苑」があります。調布市の中心地からは約8.7㎞の距離にあり、交通アクセスはJR南武線津田山駅から徒歩7分です。かわさき北部斎苑は川崎市が運営する公営斎場ですが、調布市民も利用することができます。ただし、料金は川崎市民よりも割高となり、火葬料は60,000円(川崎市民は4,500円)、斎場も、200人用で180,000円(川崎市民は60,000円)、100人用で90,000円(川崎市民は30,000円)となっています。設備的には火葬炉16基、休憩室9室、式場2室という規模であるため、日華斎場・多磨葬祭場が混み合っている際に利用することも選択肢の一つでしょう

調布市内にあるその他斎場

日華斎場・多磨葬祭場以外で、調布市民が利用しやすい主な斎場・火葬場には以下のようなものがあります。

斎場名 住所 公営/民営の区分
京王メモリアル調布 調布市布田2-34-6 民営斎場
常性寺 調布市国領町1-2-8 民営斎場
仙川斎場 調布市若葉町1-42-5 民営斎場
金龍寺 大雲閣 調布市西つつじヶ丘2-15-22 民営斎場
長専寺会館 調布市富士見町1-35-6 民営斎場
光徳寺 調布市若葉町1-38-27 民営斎場
昌翁寺 菩提堂 調布市仙川町3-7-1 民営斎場
光源寺 菩提堂 調布市西つつじヶ丘2-30-11 民営斎場
西照寺 調布市若葉町1-39-3 民営斎場
月光の森 調布家族葬館 調布市深大寺東町5-15-6 民営斎場

調布市とは

調布市は、東京都の多摩地域東部に位置する自治体です。地理的には武蔵野台地と多摩川低地によって構成され、市域の南端には多摩川が流れています。また、野川、仙川、入間川などの河川が流れ、府中用水もあることから昔は農業が盛んな地域でした。その歴史を見ると、この辺りには旧石器時代から人類が生活していた形跡があり、野川や仙川沿いの崖線上には野川遺跡、飛田給北遺跡、野水遺跡、仙川遺跡などが発見されています。鎌倉時代には鎌倉幕府の直轄地「関東御分国」に含まれ、後に上杉朝定が深大寺城を築城しました。現在は都心へのアクセスが良いわりに自然が残る暮らしやすい環境であるため、住宅地として人気があり、市の人口は増加傾向で推移しています。また、市の南部には映画・映像関係の会社が多く、角川大映撮影所、角川大映スタジオ、日活撮影所、高津映画装飾、石原プロモーションのほか、多数の制作会社が存在しています。名所・旧跡としては、深大寺城跡、布多天神、國領神社、新選組 近藤勇生家跡などがあります。新選組局長の近藤勇は現在の調布市野水で百姓の子として生まれました。生家の隣には近藤神社が建てられるなど、今でも調布市民に愛される存在です。

厚生労働省が発表している「平成20年~平成24年人口動態保健所・市区町村別統計の概況」によると、調布市の総人口は220,799人。年間の死亡者総数は7,492人となっています。

現在の日本は火葬率ほぼ100% と言われており、この年間死亡者7,492人はほぼそのまま調布市で1年に行われる火葬の数と考えられます。1日あたりに換算すると、調布市では毎日20.5人の方の火葬が行われている計算になります。

調布市の死亡者数は東京都のなかで24番目という順位で、1日あたり20.5人の方の火葬が行われているというのは比較的多い数と言えます。冒頭で紹介した日華斎場・多磨葬祭場は、調布市民のほか府中市民、武蔵野市民、三鷹市民など多くの方が利用する斎場です。そのため、予約が集中して混みう場合は不本意ながら火葬待ちとなるかも知れません。日程を妥協せず、費用的にも納得の行くご葬儀を行うためには、出来る限り早い段階で葬儀社の担当者へ相談することをお勧めいたします。

葬儀でよくあるトラブル

国民生活センターは、2015年12月に葬儀サービスに関するレポートを公表しました。

大切な葬儀で料金トラブル発生!-後悔しない葬儀にするために知っておきたいこと-

このレポートは、近年の「斎場で行う、小規模・廉価な葬儀」へのニーズの高まりを背景に頻発している消費者と葬儀社の間での料金トラブルについて、トラブルの発生理由と、トラブル発生を未然に防ぐための対策について、消費者への周知・注意喚起を目的に公表されました。

レポートによると、葬儀を巡った料金トラブルが発生しやすくなる要因として、下記の3点を上げています。

  • 消費者は短時間で様々な判断をしなければならない
  • 葬儀社と十分な話し合いができないこともある
  • 追加サービスにより請求金額が高額になることがある

葬儀は、親しい方を失ない悲しみに暮れる最中に行われるもの。葬儀の準備はご遺族にとって、どうしても冷静な対応を取りづらいタイミングに行うことになります。非常事態とも言えるような状況の中、故人を悼み、しっかりした葬儀を行いたいと考えるご遺族ほど、請求項目が煩雑になりがちで料金トラブルにも巻き込まれやすいというのは、極めて皮肉な現実です。

葬儀をめぐった料金トラブルは、地域を問わず起こり得ることです。調布市にお住まいの方もまた例外ではありません。

調布市で葬儀・火葬を行うなら、信頼できる葬儀社に相談を

葬儀を依頼する際は、十分に信頼できる葬儀社を選ぶことが重要です。

当サイトでは、調布市に数ある中でも、故人の意思・ご遺族の皆さまの想いを大事にする、信頼できる葬儀社を厳選して紹介しています。

葬儀についてもし気になることがありましたら、まずはお電話でご相談ください。葬儀の手順や進め方、サービスの項目や料金など、各葬儀社の担当が、どんなことでも誠意を持って対応いたします。

ページの
先頭へ